ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 【期間延長:施設利用制限解除まで】コロナ禍の文化施設等での活動を支援します

【期間延長:施設利用制限解除まで】コロナ禍の文化施設等での活動を支援します

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月26日更新

 市民が合唱やダンス等で文化施設等を利用される場合、飛沫等の飛散による感染を防ぐため、収容定員の半分以下の人数でご利用いただいていることから、普段利用している部屋では全員での活動ができない状況です。このことから、収容定員の大きい部屋に変更した場合の施設使用料の差額を支援し、市民活動の促進を図ります。 

制度の概要

対象者

飛沫発生の可能性がある活動を行う団体のうち、新型コロナウイルス感染症の影響による人数制限により、従来の利用場所が利用できない団体

対象施設

飛騨市文化交流センター
船津座

補助額

従来の利用部屋と、変更後の部屋の使用料差額分

※同一施設内の差額に限る

実施方法

従来利用していた部屋の利用料を施設でお支払いいただき、差額分は市が施設に支払う

対象期間

新型コロナウイルス感染対策による施設の使用制限が解除されるまで
 

イメージ画像

【問合先】

文化振興課

電話番号:0577-73-7496

 

 


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>