ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 「コロナと共に生きる生活」における公園の利用のポイント

「コロナと共に生きる生活」における公園の利用のポイント

印刷用ページを表示する掲載日:2020年8月24日更新
新型コロナウイルス感染症に備えた「新しい生活様式」の中では、心と体の健康を保つためには、体を動かしたり、屋外でリフレッシュすることも大切であるとされています。
「コロナと共に生きる生活」の中で、心身の健康維持のために散歩をしたり公園をご利用いただいたりする際には、以下のポイントに気を付けましょう。
新しい生活様式を心がけて公園をつかおう

体調が悪いときは利用を控える

・発熱、咳、のどの痛みなど体調不良の際は外出を控えましょう

時間・場所を選び、ゆずりあおう

・混んでいると感じたら、時間を変えるか別の公園を探しましょう
・利用する時間はいつもより短めにし、ゆずりあいましょう

人と人とのあいだをあけよう

・他の利用者とはできるだけ2m(最低1m)離れましょう
・十分な距離をあけられる時は、マスクを外しましょう

こまめに手洗いしよう

・みんながよく触れる場所に触ったあとは手洗いしましょう
・家に帰ったら、まず手と顔を洗いましょう


≪参考≫「新しい生活様式」を踏まえた身近な公園利用のポイント

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>